ハメス初ゴールも結果に不満

hames

先日アトレティコ・マドリードとのスーパーカップで移籍後見事初ゴールを上げたハメス・ロドリゲス。しかし1対1の結果には不満を示した。



スポンサーリンク


「変なゴールだったけど、枠に入った。(ホームの)サンティアゴ・ベルナベウではもっとたくさんゴールを決めたい。」

ハメスはレアルでの初ゴールをこう振り返った。その一方で1対1の結果には、「相手より選択肢はたくさんあったのに。うちは常にゴールを狙っていたのに対して相手は下がって固めてきた。結果はフェアなものではない。点を決めたから嬉しいけど、勝ちたかった。あとは敵地カルデロンでリベンジするだけ。」と1ゴールで終わった試合内容を嘆いた。

いつもは中央でプレーすることが多いハメスだが、この試合では左MFに入った。クリスティアーノ・ロナウドが怪我で欠場したためだ。それについては、「監督に言われたポジションならどこでもやる。色んなポジションでプレーできるし、喜んでやる。そのためには犠牲を払うつもりだ。いい選手はいつも前に張っているというものではない。ディフェンスでももちろんチームに貢献しないといけない」とチームプレーに徹するとした。

また、ディ・マリアとの連携についても「いい選手となら誰でもやりやすい。彼は偉大な選手だ」と問題ないとした。