ハメス・ロドリゲスがヨウジヤマモト(山本耀司)のスパイクで試合出場へ

この記事は 約2 分で読めます。

aa

ハメス・ロドリゲスは先日、自身のインスタグラムのアカウントに日本のファッションデザイナー、ヨウジヤマモト(山本耀司)がデザインしたアディダスの最新スパイクを公開した。

ヨウジヤマモトは今季のレアル・マドリードのチャンピオンズリーグ用のユニフォームのデザインを担当。それに伴い選手たちが履くスパイクまでも手がけていた。ハメスのほかアディダスがスポンサードしているベイルやカリム・ベンゼマも同じシューズを履いて試合に出場する予定だ。

Bale karin

ハメスはインスタグラムで「新しい週に新しいスパイク。ヨウジヤマモトの#f50を紹介するよ」とコメントしている。また、カリム・ベンゼマは「次のチャンピオンズリーグで使う僕の新しいスパイクヨウジヤマモト#f50だよ。グリーンとブルーのどっちがいいかな?」とファンたちに問いかけた。ベイルも「水曜日の試合で使う新スパイクだよ。最高のデザインだ」と紹介している。

レアル・マドリードは日本時間1日深夜3時45分にルドゴレツとチャンピオンズリーグの試合を行う。