ハメス・ロドリゲスがグラナダ戦のゴールについて「トップ3に入るゴール」

jame

先日行われたレアル・マドリード対グラナダ戦でスーパーゴールをマークしたハメス・ロドリゲスが試合後自身のプレーを振り返った。



スポンサーリンク


味方からの浮き球のパスをダイレクトでゴール左隅に叩き込んだ芸術的シュートについて、ハメスは、「ワールドカップでのウルグアイ戦の試合でも美しいゴールを決めたけど、グラナダ戦のゴールもベストゴールのひとつだった。トップ3に入るゴールだ」と自画自賛した。

この活躍もありハメスはAP通信のアンケートによる週間最優秀選手にクリスティアーノ・ロナウドを抑えて選ばれた。レアルは現在11連勝中と驚異の勝利記録を更新中。そんな中でハメスは確実に自分の仕事をやり遂げている。

最近の試合については、「ここ数試合僕らはとてもいい調子でプレーできていて、7、8試合はかなりの高いレベルの試合ができたし、たくさんゴールも決められた。これからも今のペースを保たないといけないし、全試合に勝つにはまだまだ足りない部分もある。とにかくこのレベルを保たないと」と語っている。

下がり気味でプレーすることの多いハメスだが、理想のポジションについては、「ペナルティーエリアの近くでプレーするほうがいいけど、監督が言うことに従っている。監督は4-4-2や4-3-3の戦術をよく理解しているし、彼が決めることなら僕らは従うつもりだ」と、監督に任せるとした。