ハメス・ロドリゲスが全治2ヶ月の骨折で出術受ける

この記事は 約2 分で読めます。

jameskossetsu

先日、行われたレアル・マドリード対セビージャとの試合中右足の中足骨を骨折したハメス・ロドリゲスが手術を受け、全治2ヶ月であることが明らかになった。

ハメスはロスタイム中に突然地面に座り込み、右足の痛みをアピール、自ら交代を要求した。自分の足で歩いてピッチの外に出たものの、怪我は思った以上に深刻だった。

5日にハメスはさっそく手術を受け、全治2ヶ月と伝えられた。ハメスは、「しっかり治して、もっと強くなって帰ってくる。みんなのメッセージが大きな支えになっている。ありがとう」とファンにツイッターで報告した。

ハメスはすでに病院からは退院しており、現在は休養に努めている。しかしながらこのところ連戦が続いたレアルの選手たちに疲労が溜まっているのは目に見えていた。ハメスだけでなくセルヒオ・ラモスもこの試合中に負傷退場しており、1日にしてレアルは主力選手を二人も失ったことになる。

marcelo

なお、チームメイトのマルセロはハメスに対して、「クラッキ(名選手)、元気出して。すぐにもっと強くなって僕らと一緒にやれるから」と励ましのコメントをツイッターで公開している。