ハメス・ロドリゲスの妻ダニエラ・オスピナが語る裏話

daniela

怪我から復帰に向けてリハビリに励んでいるハメス・ロドリゲス。すでにボールを使う練習も再開し、あとは実践への復帰を待つばかり。そんな中、彼を影で支える妻ダニエラ・オスピナがメディアのインタビューに応じ、スペインでの新生活について語った。



スポンサーリンク


記者:あなたの生活は短期間で大幅に変わったと思われますが、どのように変化に対応していますか。

ダニエラ・オスピナ:変化が好きなので、私たちは落ち着いて対応できていますし、それほど大変だと感じていません。簡単に順応できています。

記者:その順応力はどこからくるものなんですか。ほかの人ならもっと苦労しているところですが。

ダニエラ・オスピナ:おそらく性格だと思います。私はいつも自立してきたので、人に頼らずに自分で自分のことをやるのが好きなんです。両親がそういう教育をしてくれたので、それが役立ったんだと思います。何かに向き合わないといけないときには両親の教えに従っています。スポーツでも、勉強でも、日常のルーティンでも同じですね。

記者:スポーツをやってきたことも順応力に関係していると?

ダニエラ・オスピナ:それはそうだと思います。スポーツ選手であれば色んなことを学べますし、様々な状況にも直面するので、日々の中で学ぶことが多く、成熟するとは思います。目標を決めて、自分一人で着々とやっていく癖が付きますね。

記者:CMや広告のオファーがたくさんあるでしょうが、なぜ娘のサロメちゃんに子供服のモデルをさせたのですか。

ダニエラ・オスピナ:ブランドが好きだったのと、サロメにとって楽しい仕事になると思ったからです。彼女はモデルに合った性格ですし、彼女にとってとてもいい経験になると思ったからです。

記者:自分の子供をSNSで公開することになにかポリシーや制限を設けていますか。

ダニエラ・オスピナ:私たちは娘のことを人々とシェアすることに対しては安心しています。彼女は人々に愛されているし、私たちが愛している人のことを他の人々と共有できることはすばらしいことだと思っています。

記者:信仰が強いことも生活のベースにあるのでしょうか。

ダニエラ・オスピナ:そうですね。私たちはとても信仰心が厚く、神の先にも後にも何もないですから。なにより神様のおかげで両親に人生の大事な教訓を教わり、それを自分がこれから娘に伝えていくつもりです。

記者:ハメスの父親として、またあなたの母親としての役割はなんですか。

ダニエラ・オスピナ:彼はルールやマナーを教えるようなところがあって、どこかに着いたらちゃんと挨拶するようになどを伝えています。私はそれはとても重要なことだと思いますね。私は母親としてどうしてそれが必要なのかといったように同じ教育に説明を付け足すような役割を果たしています。

記者:モナコ時代には孤独もあったかと思います。

ダニエラ・オスピナ:そうですね。大変でした。フランスはとても欧州的で、言葉を分からなければ、物事は上手くいきません。妊娠中にはポルトガルで過ごしましたが、言葉も分かるので特に問題はありませんでした。モナコでは母親になり、言葉も分からずに娘が病気になったときなどは大変でした。

記者:サロメちゃんはマドリードではどんな生活をしていますか。

ダニエラ・オスピナ:午前9時から午後4時まで保育園で過ごして、それから私が迎えに行きます。私はバレーボールの練習を午前中にして、8日ごとに試合がありますね。試合には娘を連れていくこともあるし、連れていかないこともあります。娘についてはチームに入団するときに話してあるので、みんな受け入れてくれています。バレーボールは大好きで大切ですが、今の私にとっては娘が一番大切です。

記者:娘さんもスポーツ選手になるんでしょうか。

ダニエラ・オスピナ:彼女はバレーも見るし、サッカーも観戦します。でもまだ小さいですし、好きなことをやればいいと思います。すごいのが彼女は人と接するのが好きみたいで、とても明るく、いつも笑顔でいるんです。彼女ならなんでもできそうな気がします。

記者:もっと子供を作る予定はありますか。

ダニエラ・オスピナ:はい、もちろんです。子供たちは神のご加護なので。でも今のところは現状に満足しています。

記者:ハメスがこんなすごい選手になるとは思ってましたか。

ダニエラ・オスピナ:はい。昔から彼には特別な才能がありました。家族のサポートももちろんあったけど、彼がここまで来れたのは彼の努力で、私たちは支えるぐらいしかできませんでしたけど。

記者:名声を得たことに対してプレッシャーや不安などはありましたか

ダニエラ・オスピナ:人が何を意見するのは自由なので、特に気にしていません。

記者:ハメスの試合を見て苦しい思いもしますか。

すごくしますね。でも私もスポーツ選手なので、勝つときもあれば負けるときもあるし、引き分けるときもあることは分かっています。もちろん、すぐに挽回するときが来るってこともです。