ハメス・ロドリゲスの嫁はブス? スペインファンのツイートで論争勃発

poinas

ハメス・ロドリゲスが妻のダニエラさんと共にレアル・マドリードの入団記者会見に臨んだ映像を見た複数のスペイン人ファンがツイッター上でダニエラさんの容姿を批判し、論争が巻き起こっている。



スポンサーリンク


ダニエラさんは入団記者会見に白のブラウスに黒のスカートに、ピンクの口紅、そして普段よりも厚めの化粧できめて登場した。もちろん公の場に出るためのダニエラさんなりのマナーだったのだが、これが一部のスペイン人ファンにはマイナスに映ったようだ。

ツイッター上には「ブス」、「オカマみたい」、「マノーロ(スペイン人男性の名前)」などのコメントが多く書かれ、本人の耳にも当然届いてしまった。ダニエラはバレーボール選手だっただけあり、身長も高く、この日はハイヒールも履いていた。そのためハメスよりも背が高くなり、その姿は男性的だとの批判も上がった。また、服装に関しても「着こなしができていない」など厳しい意見が出ている。サッカー選手の嫁は美人でなければいけない、といったステレオタイプの考えがあるのか、まるで女優やモデルを批判するかのようなコメントがネット上に広まったのだ。

この事態を新聞までも取り上げられたことで、ダニエラさんはインスタグラムに次のような抗議文を公開した。

「あなたたちの期待に応えられなかったのであればごめんなさい。私の優先は自分の期待に応えることだから」。

一方で、こんなダニエラさんに対し励ましのメッセージを送ったスペイン人たちもいる。その中には「私の国の一部の人々の考え方には恥ずかしく思います。ただ、全てのスペイン人が同じだと思わないでください」といったメッセージもあった。

ダニエラさんはこれに対し、「すばらしいコメントをありがとう。私にはポジティブなことしか入ってこないから大丈夫よ。神のご加護ありますように」と感謝のコメントを返信している。人はハメスの妻だとして嫉妬することも多いだろうが、有名人の妻でいることは決して楽じゃないのである。